原 虎胤(はら とらたね)は戦国時代の武将。 はじめ千葉氏当主千葉勝胤の家臣、後に甲斐国 武田氏の家臣で足軽大将。 。「虎胤」は諱で、ほ

原 胤 昭

  • 手賀原氏 - chibasi.net
  • 原 義胤 - Webcat Plus
  • 原胤歳・原胤従~八王子千人同心の祖 -1100記事
  • 原氏 - Wikipedia
  • 手賀原氏 - chibasi.net

    原氏と相馬郡手賀村(柏市手賀)の関係は、室町後期の永正年頃(1504~)に原上総介胤貞が千葉介勝胤から六百貫文を給わったことが始まりとされているが、胤貞の祖父にあたる原宮内少輔胤隆が天文5(1536)年7月11日、手賀とは目と鼻の先である豊島氏の居城・相馬郡布川城で没しており ... 1983年4月通産省関東通産局総務課長 1984年4月通産省中小企業庁参事官 1985年12月通産大臣秘書官 1990年2月衆議院議員 1995年8月自民党福岡第五選挙区 ...

    姓氏と家紋_原 氏 - harimaya.com

    戦国時代、原胤隆は足利義明・上総武田氏連合軍と小弓城に籠城して戦ったが敗れて高城氏の守る根木内城に退却した。豊臣秀吉の小田原征伐にあたり、原胤栄は宗家千葉介とともに小田原城に籠城して没落した。一方、小弓城の敗戦のとき、一族の原能登 ... 原虎胤とは戦国時代の武将であり、千葉勝胤の家臣で後に甲斐武田氏の家臣。 名前の虎胤とは別に、信知という名も記録に残されている。 剃髪後は、清岩と号した。 武田五名臣(原美濃守・小幡山城守・横田 […]

    寺歴|原立寺 - Genryuji

    原虎胤の子孫は三男一女あり、長男は横田高松の婿養子となり、横田康景。次男原盛胤、三男原重胤、長女氏名は不明、初鹿野忠次へ嫁ぐ。外にも子孫は存在の可能性がある。 原美濃守虎胤の逸話 原美濃と三略の強弱両義(弱きは強きに勝つたとえ) 原 胤義(はら たねよし、? - 慶長5年10月1日(1600年11月6日)?)は、安土桃山時代の武将。千葉氏の家臣。原胤栄の子。千葉氏筆頭重臣原氏としては最後の当主。子に原胤信がいる。 千葉氏当主千葉重胤が幼少を理由に後北条氏の人質として小田原城に送られた際に同行する。

    小金城主 高城氏 - chibasi.net

    胤充の長子・辰千代は越前守胤行といい、生実城にあって原式部大輔に属した。胤行には二人の子があり、長男は大隅守胤之、二男は下野守胤吉といった。このころ、京都では山名宗全と細川勝元との勢力争いが大きくなり、全国に飛び火して「応仁の大乱 ... 8月12日に千田庄多古城において胤直の子胤宣(15歳)が自刃し、円城寺尚任を始め、円城寺一党が討死した。そして、15日には胤直らがいる志摩城が攻められ、妙光寺に追い詰められた胤直が自刃し、原氏と馬加氏が勝利をおさめた。

    原 義胤 - Webcat Plus

    Webcat Plus: 原 義胤. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 徳斎日新録・出たらめ草 原胤貞 Hara Tanesada(1507年? -1569年/1575年?) 原胤清之子;通称孫次郎,法名震岳院、道岳。 父親胤清為侍奉千葉勝胤、昌胤、胤富三代的重臣.生實城主,受封相馬郡手賀600貫的知行地。

    「原胤昭:はらたねあき」[人名](昭が入る熟語)読み-成語(成句)など:漢字調べ無料辞典

    「原胤昭(はらたねあき)」[人名]の書き順・総画数・読み方など。昭を含む熟語や同じ読みをもつ熟語や逆さ読みバージョン・カナ・ローマ字表記などを掲載 原君照胤略伝 タイトルよみ (titleTranscription) ハラ クン テルタネ リャクデン 著者 (creator) 田中唯一郎 編 著者標目 (creator:NDLNA) 田中, 唯一郎, 1867-1921 著者標目よみ (creatorTranscription:NDLNA) タナカ, タダイチロウ 出版地 (publicationPlace) 東京 出版者 (publisher) 田中唯一郎

    「原胤昭:はらたねあき」[人名](胤が入る熟語)読み-成語(成句)など:漢字調べ無料辞典

    王胤 胤腹 妙胤 胤裔 良胤 胤吉 胤及 胤康 興胤 円胤 日胤 子胤 車胤 仲胤 直胤 皇胤 後胤 血胤 落胤 公胤 原勝胤 泉家胤 平胤満 東胤頼 東胤富 原恭胤 東胤氏 原胤昭 原胤信 原虎胤 原胤房 原久胤 東胤正 原胤成 東重胤 趙匡胤 御落胤 胤変り 胤違い 落し胤 ... 原胤隆の男。官途は式部大夫少輔。原惣領家の継嗣であったが、叔父の原朝胤が原家の家督を相続した。1518年、足利義明勢の攻撃を受け小弓城が落城した際、城主原基胤が討死したため、原胤清が原家の家督を相続した。足利義明の追及によって高城胤吉の ...

    原胤栄 - Wikipedia

    原氏宗家当主として一族の統制を図ろうとするが、原親幹・胤長ら庶流の実力者達を抑えることは困難であった。加えて弟の原胤親とは不仲で、当主千葉邦胤の許しを得て胤親の居城・手賀城(同柏市)に攻撃を加えた事も 江戸の殉教者 ジョアン原主水. カトリック静岡教会 ジョアン原主水像. 原主水胤信(はら もんど たねのぶ)は1587年ごろ下総国(現在の千葉県佐倉市)臼井城主・原刑部少輔胤義の嫡男として生まれました。 康生元年(1455)に千葉宗家の千葉胤直が、馬加康胤に与した原胤房によって攻められて自決し、康胤ら馬加氏系千葉氏が宗家の座について以降、千葉氏の本拠地は千葉城から本佐倉城に移ったが、臼井城は本佐倉城の西にあって、その支城の役割も担ってい ...

    原胤栄 原胤義 原胤信 ~千葉宗家の執権

    トップページ > 千葉一族・原氏 > 原胤信. 原 胤信 (1587-1623) 原式部大夫胤栄の嫡男。幼名は吉丸。通称は左五右衛門、のち主水助。 天正17(1589)年、父の胤栄が三十九歳の若さで亡くなり、数え三歳で家督を継承。 利胤の嫡男。(もしくは利胤の弟という説もあり) 若年で家督を継いだため、家臣の原胤清・胤貞親子(北条派)が実権掌握。 原親子に反感を覚えた親胤は、反・北条派である古河公方の足利晴氏と同盟。そのため北条氏の暗躍により暗殺される。 7代: 胤富

    本立寺|八王子市上野町にある日蓮宗寺院、八王子七福神の毘沙門天

    本立寺|八王子市上野町にある日蓮宗寺院の長光山本立寺の案内、縁起と所蔵の文化財などを新編武蔵風土記稿等からの引用を交えて紹介。原刑部胤従が開基となり、本立院日建を開山として天正年間瀧山に創建、慶長元年当地へ移転。八王子七福神の毘沙門天 永正14年(1517年)、原氏が足利義明に敗れて小弓城を失うと、胤吉は原氏の勢力下にあった小金栗ケ沢城に移って原胤清を迎え入れた。当初は原氏の代官的な地位にあったと推定されるが、後に小金を自分の本拠として大谷口城(小金城)を築城したとさ ...

    原胤高 原胤親 ~千葉宗家の執権~ - chibasi.net

    千葉介胤正の子には鏑木・白井氏の祖となった「千葉八郎胤時」、その子に「九郎胤定」がいるが、鏑木胤時・胤定が原を称した記録はなく不明。また、原孫四郎胤高は千葉介氏胤の四男で、原六郎胤権の養女を娶って養嗣子となっている。 享徳4年(1455)成氏党の原胤房に千葉城が襲われると、胤直・胤宣父子は敗れて千田荘に逃れましたが、胤直の叔父で下総馬加城主の康胤も成氏に味方し、胤直・胤賢兄弟および胤宣は自害し、成氏は康胤の系統に千葉 登録番号 3058 生年月日 1957/09/05 身長 166cm 体重 57kg 血液型 O型 支部 岡山 出身地 岡山県 登録期 51期 級別 B1級

    原胤歳・原胤従~八王子千人同心の祖 -1100記事

    原胤歳は1584年に亡くなったが、その後、原胤従は、徳川家康の下で活躍した。同じ1584年、 小牧・長久手の戦い で、原胤従は活躍し恩賞を得ている。 一方、他の甲斐衆らと共に甲斐各地の代官として甲斐の治安を守り、1589年には1712俵の知行となった。 侯昭胤,男,浙大教授、博士生导师。1968年出生于山东省汶上县,1990年毕业于四川大学(原成都科技大学)化学工程系;1996年毕业于浙浙江大学化学工程系,获博士学位(师从陈甘棠教授);2000年至2003年在日本北海道大学、地球环境技术产业研究机构从事博士后研究;2003年12月在浙江大学化学系 ... 長谷山宗徳寺は、般若船観世音菩薩を本尊とする曹洞宗の寺院です。 臼井氏の後に臼井城主となった原氏の菩提寺で、応永10年(1403)に小弓城主 原胤高により下総国小弓郷柏崎に創建されました。 元亀元年(1570)に原胤栄<はら・たねよし>が臼井城主と ...

    白寿生科学研究所|企業理念、社長メッセージ、沿革

    原昭邦、科学技術庁官表彰を授与: 2001年(平成13年) 原昭邦、第3回韓国チャン・ヨンシル賞を日本人で初めて受賞 銀座・京橋にリラクゼーションルーム「Kyphi」オープン: 2002年(平成14年) 原敏之会長生誕100周年 伝記「不老不病に挑んだ男・原敏之物語」発刊 経営コンサルタント / 林原昭プロの一番の強み 業務上のトラブルの未然防止で仕事の生産性向上を実現する。 過去のトラブル・事故を教訓に、将来のリスクに気付いて予防する「未然防止」が専門。トラブル処理に関わる時間、コストの削減により、企業 ... 「原」という漢字の部首・画数・読み方・難読読み・筆順(書き順)・Unicode(ユニコード)・四字熟語・ことわざなどを ...

    BushoCard/3356原虎胤 - 戦国IXA Wiki

    原清岩 (同一人物) 原虎胤(上) 原虎胤(序) 親戚縁者 原友胤(父) 横田康景(長男) 原盛胤(次男) 初鹿野忠次(娘婿) 主君 千葉勝胤; 武田信虎(「虎」の偏諱を受ける) 武田信玄; 北条氏康(のち武田に帰参) 関連武将 横田高松(武田五名臣、長男 ... 原 胤房(はら たねふさ、生年不詳 - 文明3年9月9日(1471年10月22日)?)は、室町時代中期の武将。原胤親の子。胤隆、胤継の父。受領名は越前守または越後守。原氏は千葉氏の庶流。九州千葉氏の祖となった千葉宗胤の末裔との説もある。 円城寺尚任とともに千葉氏の執権であったが、両氏とも ...

    原虎胤 - Wikipedia

    原 虎胤(はら とらたね)は戦国時代の武将。 はじめ千葉氏当主千葉勝胤の家臣、後に甲斐国 武田氏の家臣で足軽大将。 。「虎胤」は諱で、ほかに信知とする記録もある。 美濃守、後に剃髪して清岩と号す。 武田の五名臣および武田二十四将の一人。 新 番 号 資料名 内容 作成・発信者 宛所 年代 形態 数 備考 Ⅰ111〔原稿〕森のこころ 千葉胤成 メモ 1通(11枚)頁番号があり、1~10頁まで/1緑の野、2森林と人 生、3独逸と日本、3日本の場合。 Ⅰ112〔別刷〕東京市西郊に於ける屋 敷森の形態と機能 063「千葉に原、原に高城両酒井」 原胤信(1587―1623) 吉丸、佐五右衛門、主水。千葉家の家臣原胤義の嫡男。徳川家康が関東に入国するとこれに仕え、小姓から鉄砲頭に出世し、千五百石を給される。慶長五年(1600)、大坂でキリシタン信徒となり洗礼名 ...

    原氏 - Wikipedia

    原氏の嫡流(九州千葉氏の嫡流ともいわれる)は馬加康胤と共に千葉宗家を滅ぼした原胤房や、戦国時代に権勢をふるった原宗家(小弓城・臼井城)の原胤隆・原胤貞・原胤栄、一族で千葉家執権の原胤安・原胤長・原邦長(本佐倉城)、原親幹・原邦房 ... 「胤」の書き方・筆順(書き順)解説です。文字の美しい書き方の基本の一つが筆順(書き順)です。一般的で自然な筆運びをアニメーションで紹介しています。 原胤信 原胤信の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年9月)福者 ヨハネ原主水殉教者生誕天正1...

    原氏 千葉宗家の執権 - chibasi.net

    この「原四郎」は建武3(1336)年8月23日に東禅寺で四十九日法要が行われた「原四郎母」の子であろう。原常宗の末裔・原四郎朝胤の世代が建武年中に相当すると考えられ、朝胤の母親であるのかも (『神代本千葉系図』) 。 名古屋大学医学部腫瘍病理学講座のホームページです。現在、教室においては癌と神経疾患の発症メカニズムの解明を中心テーマとして研究を進めています。 県民生活部 文化振興課 文化振興担当 . 郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階. 電話:048-830-2887. ファックス:048-830-4752

    原胤信 - Wikipedia

    原 胤信(はら たねのぶ、天正15年(1587年)-元和9年10月13日(1623年 12月4日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての旗本、キリシタン。原胤義の嫡男。幼名は吉丸。洗礼名はジョアン。 セミナー動画配信プラットフォーム、シニアブレインアカデミー。「業界初!動画セミナーの視聴後に講師依頼を実現!」 講演、企業研修の講師や企業顧問を実績とノウハウのある専門家、著者、コンサルタント、著名人に依頼できます。 登録番号 3058 生年月日 1957/09/05 身長 166cm 体重 57kg 血液型 O型 支部 岡山 出身地 岡山県 登録期 51期 級別 B1級

    原胤昭 - Wikipedia

    元和の大殉教で処刑され、列福されたヨハネ(ジョアン)原胤信(主水)の大叔父の子孫にあたる。 嘉永6年(1853年)に江戸に生まれる。元治元年(1864年)に母の実家(原氏)の当主・原胤保が早世したためその養子となる。 千葉県立長生高等学校同窓会 本部・支部の役員 原 胤清(はら たねきよ、生年不詳 - 弘治2年2月12日(1556年3月23日))は、戦国時代の武将。千葉氏の家臣。官途名は式部大夫(少輔)。原胤隆の嫡男。下総国小弓(生実)城城主。子に原胤貞がいる。 下総原氏宗家の嫡男であるが、胤清が生まれた当時には胤隆は既に弟の朝胤を養子に迎えて ...

    原虎胤~鬼美濃と恐れられた武田家の猛将 -1100記事

    原虎胤(ハラ-トラタネ) 1497年~1564年3月11日 元々、原虎胤の先祖は下総・千葉氏の名門・原氏である。 桓武平氏・平高望から18代目の原下総介氏胤が下総国千葉郡原郷に住み、原氏を称したと言われている。 しかし、1455年8月12日、原胤房と叔父・馬加康胤によって多古城が陥落し、千葉胤宣は城近くの阿弥陀堂にて自刃。 志摩城の千葉胤直も8月15日に東禅寺へと撤退して自刃してしまい、千葉胤賢は2人の子である千葉実胤と千葉自胤を連れて脱出しました。 荏原製作所は、ポンプやコンプレッサなどの風水力事業を中心とする産業機械メーカです。荏原製作所の製品・サービスやグループ関連会社の情報などについてご紹介します。



    元和の大殉教で処刑され、列福されたヨハネ(ジョアン)原胤信(主水)の大叔父の子孫にあたる。 嘉永6年(1853年)に江戸に生まれる。元治元年(1864年)に母の実家(原氏)の当主・原胤保が早世したためその養子となる。 原氏の嫡流(九州千葉氏の嫡流ともいわれる)は馬加康胤と共に千葉宗家を滅ぼした原胤房や、戦国時代に権勢をふるった原宗家(小弓城・臼井城)の原胤隆・原胤貞・原胤栄、一族で千葉家執権の原胤安・原胤長・原邦長(本佐倉城)、原親幹・原邦房 . 安達 雅 大. 原 胤信(はら たねのぶ、天正15年(1587年)-元和9年10月13日(1623年 12月4日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての旗本、キリシタン。原胤義の嫡男。幼名は吉丸。洗礼名はジョアン。 千葉介胤正の子には鏑木・白井氏の祖となった「千葉八郎胤時」、その子に「九郎胤定」がいるが、鏑木胤時・胤定が原を称した記録はなく不明。また、原孫四郎胤高は千葉介氏胤の四男で、原六郎胤権の養女を娶って養嗣子となっている。 原胤歳は1584年に亡くなったが、その後、原胤従は、徳川家康の下で活躍した。同じ1584年、 小牧・長久手の戦い で、原胤従は活躍し恩賞を得ている。 一方、他の甲斐衆らと共に甲斐各地の代官として甲斐の治安を守り、1589年には1712俵の知行となった。 原虎胤(ハラ-トラタネ) 1497年~1564年3月11日 元々、原虎胤の先祖は下総・千葉氏の名門・原氏である。 桓武平氏・平高望から18代目の原下総介氏胤が下総国千葉郡原郷に住み、原氏を称したと言われている。 京 急 ブルー スカイ トレイン リラックマ. この「原四郎」は建武3(1336)年8月23日に東禅寺で四十九日法要が行われた「原四郎母」の子であろう。原常宗の末裔・原四郎朝胤の世代が建武年中に相当すると考えられ、朝胤の母親であるのかも (『神代本千葉系図』) 。 原氏宗家当主として一族の統制を図ろうとするが、原親幹・胤長ら庶流の実力者達を抑えることは困難であった。加えて弟の原胤親とは不仲で、当主千葉邦胤の許しを得て胤親の居城・手賀城(同柏市)に攻撃を加えた事も 月 ノ 美兎 ボイス. 原昭邦、科学技術庁官表彰を授与: 2001年(平成13年) 原昭邦、第3回韓国チャン・ヨンシル賞を日本人で初めて受賞 銀座・京橋にリラクゼーションルーム「Kyphi」オープン: 2002年(平成14年) 原敏之会長生誕100周年 伝記「不老不病に挑んだ男・原敏之物語」発刊 原 虎胤(はら とらたね)は戦国時代の武将。 はじめ千葉氏当主千葉勝胤の家臣、後に甲斐国 武田氏の家臣で足軽大将。 。「虎胤」は諱で、ほかに信知とする記録もある。 美濃守、後に剃髪して清岩と号す。 武田の五名臣および武田二十四将の一人。 トップページ > 千葉一族・原氏 > 原胤信. 原 胤信 (1587-1623) 原式部大夫胤栄の嫡男。幼名は吉丸。通称は左五右衛門、のち主水助。 天正17(1589)年、父の胤栄が三十九歳の若さで亡くなり、数え三歳で家督を継承。